So-net無料ブログ作成

曇り

一日、曇りでしたね。

久しぶりに椎名誠の本を買いました。
「ぼくがいま、死について思うこと」

総和19年生まれだから、4歳上だね。72歳か。
何回も死にそうになったり、今、周りに亡くなっ
て行く人も増えたりするけど、真剣に死について
考えた事がなかったって。

皆、そうですよね。
今、考えて本を書かれたけど、現実の自分の死に
ついては、考えたくないと言うか、考えられない
みたいです。

友人達への質問で、ゆうれいに成りたいかという
のがあって、答えの中で、
「70歳ぐらいで死んだら幽霊になって出てみた
い。80歳位だと疲れるからヒトダマぐらいで
いいや」と言うのがありました。

何とか生きている間はこの程度に考えて、死んで
ヒトダマに成ってから、あら、死んじゃったって
慌てたらいいんじゃないかな。

まだ本の途中だけど、残りは明日読もう。

WESTINのお花。いつも綺麗です。
CAIYEZ8M.jpg
nice!(46)  コメント(8) 

nice! 46

コメント 8

ゆうのすけ

椎名誠さん 懐かしいです。
最近は全く読んでいないんですが 私の住んでいる隣町の出身なんです。今は海岸線が遠くなり 幕張メッセという見本市やイヴェント会場になっているんですが それらが遠い海原の波の上だった頃 漁師町で かなりの喧嘩の腕っ節で 武勇伝も残っているんですよ!七十路になられるんですね。^^

by ゆうのすけ (2016-02-24 02:09) 

yumi

ゆうのすけさま
自分でも書いておられるけど、
かなりのやんちゃだったみたいね。
冒険好きでそれが出来てきたんだ
から幸せな人生です。少年のまま
爺に成った魅力がありますね。
by yumi (2016-02-24 04:16) 

takenoko

10年生存率20% ・・・ふ~ (溜息)。
エンディングノートの準備でもしようか。
by takenoko (2016-02-24 05:50) 

yumi

takenokoさま
現実的な数字ですね。
何て言ったらいいか分からないです
けど、、。
長生きしてね。
by yumi (2016-02-24 06:06) 

toshi

かなり前に椎名誠さんのインド旅行記を
読んだことがあります。
超能力者と出会う旅ですが
全部インチキだった
という内容で大変面白かったです。
by toshi (2016-02-24 07:37) 

yumi

toshiさま
「インドでわしも考えた」じゃない?
インドへ行くきっかけになった本です。
23年前の話ですよ。
by yumi (2016-02-24 07:45) 

まりりん

椎名誠さんのカヌー犬ガクに憧れてました。
ふくちんはムリかなぁ・・・(遠い目)
私も読んでみたい本です。
私は不思議。
皆さん、なんで、『死』って考えないんだろうって思います。
いつも隣にあるものなのに。
by まりりん (2016-02-25 02:20) 

yumi

まりりんさま
死を考えるって、怖いし自分が死ぬ
ってなかなか考えにくいものかも
しれませんね。病気になったり、歳
を取ったりでやっと考え始めるんだ
と思います。
by yumi (2016-02-25 02:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。