So-net無料ブログ作成
検索選択

もし、、が本当になった日

マジか、、。
米大統領に、あのトランプが選ばれた。

どうなっちゃったの?
万が一でもあり得ない事が起こってしまった。

自然災害じゃない。
人工災害じゃないのか?

アメリカ人ってどうなってるの?
大富豪で暴言王というだけが取り得の大統領でいいのか?

何が信じられないって、こんなに信じられない事って
生まれて始めて。

当然の事だけど、日本はもうアメリカを頼らずに自分
の国は自分で守れる国にならなくてはいけませんね。

米軍基地撤退と叫んでいたら、お金になるという沖縄
も、真剣に考え直さないと大変な事に成ります。

暴言を吐くだけの国のトップが増えるのは、本当に
危険極まりない。平和、平和と唱えていれば平和が来る
と信じている人も、考え直す時が来たんじゃないんですか?

10年前のまおちゃん。若いです。
CAA7HFY2.jpg
nice!(25)  コメント(6) 

nice! 25

コメント 6

toshi

本当に予想外でしたね。
無責任な言い方ですが
だから世の中面白い、ということかもしれません。
by toshi (2016-11-10 05:55) 

yumi

toshiさま
本当に面白すぎる。ドゥテルテの事、笑って
いたら、もっとうわてが出てきました。
日本政府も慌てているでしょうね。
by yumi (2016-11-10 06:03) 

堀隼人

理由の全てではないでしょうが、暴言吐き(トランプ)は許せても、嘘つき(ヒラリー)は許せないということではないかと思っています。トランプはビジネスマンであって、鬼ではありません。大統領になればよりリアリストに近づくと思います。しかし、日本政府よりあわててガッカリしているのは朝日、毎日、東京・中日、TBSといった日本のマスコミではないかと思います。
by 堀隼人 (2016-11-10 13:35) 

yumi

堀隼人さま
日本のマスコミとして挙げられたこれらは
皆、左寄りと思いますが、どうして慌てて
いるの?中国の立場は?教えて~~。
by yumi (2016-11-10 14:43) 

堀隼人

トランプのスタンスはなによりもアメリカ・ファーストであり、その一つが、世界の警察官というアメリカの重責と負担を軽減するといものだと私は思っています。一気には進まないでしょうが、その要諦は日本や韓国への「自分の国は自分で守ってくれ」という要求です。畢竟、日本は自ら国防を担う気概と環境を今よりも整える立場に追い込まれます。具体的には国防力の一層の強化であり、憲法の改正ですが、それは日本の左翼マスコミが最も嫌っているものだと思います。その意味で、現状維持が望める「ヒラリー」ではなく、日本に変革を迫る「トランプ」という結果に混乱と困惑を起こしているのがこれらのマスコミ人士と私は見たのですが…。また中国は、これまでのオバマ&ライスコンビによる対中ソフト路線が消滅することに失望していると思います。ヒラリー、トランプのどちらが大統領になっても中国にとって「オラが春」の拡張時代が終わり、舵取りの難しい時代が始まったのだと思います。アメリカ政府(国防省、国務省)には、マイケル・ピルズベリー論文(日経新聞2015.11.23)に見られるような対中不信感が充満していますから、当分、以前のような米中協調の足並みはしばらく見られないと思います。トランプが有能なビジネスマンといっても、国益というものはそう簡単に譲れないからです。以上、赤面するようなお粗末な内容ですが、短く私見を開陳させていただきました。申し訳ありません。
by 堀隼人 (2016-11-10 22:52) 

yumi

堀隼人さま
ありがと~。
そうやね、私は感覚でしか分からないけど、
憲法改正の方向へ進むと思います。
これは安倍政権の悲願だと違う?
今安倍政権下で着々とやっておかないと、
100年経っても日本は無理っぽいね。
中国はアメリカが引いたら、東シナ海、南
シナ海、やりたい放題できるから歓迎なん
じゃない?ドゥテルテ、威勢のいい事言って
たけど、アメリカに引かれると中国が出て来る
から、大人しくなったよね。
何やかや言っても、アジアからアメリカは
完全撤退なんか出来ないと見てるけど、
どんなもんですか~?
by yumi (2016-11-11 09:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。